珈琲一杯の『ご縁』

雨が降るから
ちょっと仕事しようとカフェヘ。

カランカランカラン…

新しい客人
なんか気になる。

気になっていると
隣の席へいらした。

店員さんに中古レコード店を聞いてる。この辺にCDではなくレコード・・・あったかな?

そうこうしていると、私のピザトーストがやってきた。

ン?
今度は隣人、見たことのない料理が気になったらしい。

「それは何?」
「ピザトーストですよ」
「初めて見た!イタリア人に見せちゃだめだよ(笑)」
な~んて話をしながら
レコード店を調べてみたり。

「万歳町ですね」
「バンザイかしら?マンザイかしら?日本語は読み方が複数あってヤヤコシイ」
な~んて話をしながら
打ち解けていきます。

ピザトーストが冷めてしまうことや、私自身の時間を終始気遣ってくださるのですが、英語練習中の私には良い機会。

数年ぶりに入った店で、初めていらした方との意外な出会い。

ロンドンからお越しの小説家と画家の素敵な御夫妻。

ファッションの業界にもいらしたそうで、ロンドンのデザイナーkumiさんの衣装をつけた作品の写真などもお見せすることに。

珈琲一杯の時間に結ばれたご縁。

「またロンドンでお会いしましょう!」

PAULさん ETSUKOさん
http://www.etsukomontgomery.com/

出会いという神のカを信じています。
どこでどんな形でやってくるかはわからないけどね。