食養を実践すると?できる?

マクロビオティックを源流にの続きです。

反響をいただきましたので、補足します。

実際
「○○でガンが治った」「難病が治った」
「○○するだけで血糖値が下がった」
なんて本に書いてあっても、うかつに信用できない、信じてもまちがった解釈をしてしまって望む結果につながらない、なんてこともあります。

この講座は、開催されている会社(ホロンPBI)の代表が、実際に松岡四郎先生の食事指導で癌を克服されて長年にわたり再発していないこともあって開かれていますし、自分自身でも良いと思えたので、紹介した難病の友人が薬いらずの元気っ子に変わり(薬を飲んでても体が弱く一生手放せないはずだった)、糖尿病の家族が噛む回数を変えただけで、他の病院で別の薬をもらって飲んでると疑われるなど私自身のまわりでも顕著な変化があるなど、受講生の方も体験談でもちきりで、口コミで家族やお仲間たちと参加されていることからも、自信もっておすすめできます。


「私に勧めないの?」という友へ問う・・・

「一週間でも毎食玄米と胡麻塩だけにできる?」
「3ヶ月、好きなものをやめることができる?」

無理なら知らない方が幸せなんじゃないかな……。
なので…私から言わない。


なんてね。
とはいえ、私が徹底しているかといえば…してません(^^;)

しかも、先生は、病気を治したいと相談されている方でもないのに強要することもありません。

マクロビオティックは陰陽のバランスを重んじるのであって

玄米菜食ではありません
(肉・魚類の取る割合の指導や、果物や砂糖は極力避けますが、どうしても取る場合の選び方も教えてくださいました。)

なので…興味あったら声かけてね。