マクロビオティックを源流に

食べたもので心も体も作られている。
だから・・・原理を学べるこの講座をオススメしています。

90歳を目前にしてお元気な現役の先生による食養「陰陽原理」講座

 Shiro Matsuoka

松岡四郎先生(1927生まれ マクロビオティック ほんまもんの健康法などの著者)

松岡先生が伝えていらっしゃるのは、おしゃれなマクロビではないけれど、創始者の桜沢如一先生直伝で極力アレンジせずに伝承する"ほんまもん"。

ちなみにもう…源流を知る生き証人はもう一人、田中愛子先生(1924年生まれ 私の人生を劇的に変えたマクロビなどの著者)くらいのようです。

いつもニコニコ朗らかで、無邪気に笑いながら語ってくださる先生がとてもお元気なので、いつまでも続くような気がしますが、永遠ではなく、そんな経験豊かで知識豊富な先生と一緒に過ごしながらなんでも質問できるという環境は貴重だと思います。

 *・゜・゚.*・゜+.*

マクロビオティックは"玄米菜食"ではありません。
しかも、食事はその一部にすぎず、生活法であり平和運動だそうです。

今回は内容を書きませんが…

しばしば、マクロビオティックを完全に誤解してる方に出会います。
かなり多様化して、まちまちな情報が氾濫しているので無理もありません。
アレンジして改善したと豪語する方もいらっしゃいます。そんな時は別の名称にしていただきたいものです。
「その人がそれでいいんだったらいいんじゃない?」と、思いますので、他の先生や他の思想も否定しません。
それで病気になったり悪化するならば見直したほうがいいと思います。
逆に、表面を見て、自分の信仰と異なるからと拒否してしまう方もいて、もったいないなぁと思います。

間違いを率先して指摘する人って親切だなぁ、私ひどいなぁ…と思うこともありますが・・・。聞かれたら自分の見解は伝えます。

私自身、完全ではないし、100%鵜呑みにして信じることはしないので、他人の信念も否定しないで、そっとしています。必要な人に必要な情報が届いてないならごめん。
ってことで

陰陽道との共通点もとても大きく、「陰陽道では…」ということや、共通点のお話はできます。興味のある方は、お会いした際に話をもちかけてくださいね。

ちなみに、陰陽道と完全に一致しているわけでもないのですが、陰陽つながり!? 松岡先生親子と、我々陰陽道夫婦も親しくさせていただいてます。

講座中、時には化学反応や宇宙の話にまで至りますが・・・基本はシンプル。そして何より「よく噛んで食べる」ということに尽きます。

ひとくち何回噛んでますか?

よく噛んでる?

最低でも50回、普通に100回、病気を治すなら200回と言われたらどう?

万人が徹底すべきなんてこともないし、闇雲にはオススメしていません。が、本気の方にはオススメ。

続きの記事を読む

 *・゜・゚.*・゜+.*

21世紀 =食養「陰陽原理」講座=
http://www.holonpbi.com/college/regular/macro.php
写真はこちらからの引用です。